福よ来いのブログ

暗い世の中、
福よ来い来い♪
福よ来い♪

寄席の科学でございます。

福の助でございます。


3連休ではございますが、細君様のお休みが本日だけというので、

新宿の末廣亭へ落語を見に行きましょうとお誘いいたしました。

実は息子が成人式でございまして、

晴れ姿の坊ちゃんと記念写真を撮りたがっておりましたが、

出かけなければいけない時間になっても夢の中の坊ちゃん。

そっとしておきましょう。


トリが笑点司会の春風亭昇太様、

ということであらかた混雑は予想しておりましたので、

開場一時間前に末廣亭へ赴きましたが、

想像をはるかに超える長蛇の列でございました。

開場前から立ち見確定でございまして、

弁当を買ってきてしまったことや、

4時間も立っていることが困難と判断し

上野・鈴本演芸場へ急遽移動でございます。


が…



…鈴本演芸場も満員御礼でございます。

落語人気を少しなめていたようでございます(苦笑)


弁当を片手に途方に暮れる福の助と細君でございますが、

ここは娯楽の殿堂上野でございます。

西郷様も居ります、シャンシャンも居ります。


で、向かった先は国立科学博物館でございます。

風は強いながらも幸い日差しが暖かかったので、

屋上のテラスでお弁当をいただきました。



あらかた目的は完遂?いたしましたが、

せっかく入館いたしましたので展示物を拝見させていただきます。

世界の動物群のはく製コーナーは何度見ても圧巻でございまして、

時間があれば永遠に眺めていたい場所ではございますが、

中でも絶滅し世界に数体しか現存していない

ニホンオオカミのお姿は今日も神々しく佇んでございました。



帰りの電車の中でLINEに入電がございまして、

ネネ様が坊ちゃんの正装を画像に収めわたしども夫婦に送って下さいました。

細君の気持ちを察したネネ様はファインプレーかと思う次第です。



あまり飲みすぎないように願う次第ですが…


本日、新成人となった全国の皆さまに福が訪れますように。

西遊記でございます、

福の助でございます。


本日は「西遊記」の物語のモデルとなった偉いお坊さま、

玄奘三蔵(三蔵法師)様の遺骨が納められているという

玄奘霊骨塔を参拝いたしました。



三蔵様と申しますと、

どうしてもドラマのイメージが強く、

夏目雅子様を思い出してしまうのですが、

戦争など紆余曲折の後、

埼玉県のお寺様へ分骨されたとのことです。


特にこちらを目的にしておらず、

たまたま通りかかった不思議なご縁に、

歴史ロマン以上の何かを感じる次第でございます。


これもわたくしにとっての福なのかも知れませんね。


皆さまにも福が訪れますように。

風林火山でございます。

福の助でございます。


わたくしの細君様が大のバスツアーマニアでございまして、娘を加え3名で旅行することとなりました。今回のツアーは行先が事前に分からない「ミステリーツアー」というものらしく、パッケージの売りが「松葉ガニを含む海鮮お土産」と「松坂牛のすき焼き他松竹梅御膳」という何とも豪華な旅でございます。正月三が日だというのにシルバー層をメインに満員御礼で、集合場所から定刻どおりにいざ出発でございます。


周りのバスツアーベテランの皆さまは、車内で進行方向などからどこに行くのか推理で盛り上がってございます。新参者のわたくしは「カニ」というキーワードより、どうせ千葉か茨城でも行くんでしょ!とタカをくくってございましたが、バスは予想に反し中央高速に向かっておりました。山でカニ?それに帰りはUターンラッシュ渋滞に巻き込まれる…疑問と不安で寝ることも出来ません。


で、着いた先は甲斐の国でございます。


武田信玄公にお出迎えしていただきます。



想像通りの松竹梅のお食事?を早々に済ませ、ひとりツアーの群れを離れ休憩場所の目の前にございました、信玄公の菩提寺でございます恵林寺様を参拝いたします。拝観料を徴収するだけございまして、ご立派な庭園や不動明王様はお見事でございました。



次はツアーコースである甲斐善光寺様も参拝することとなります。長野の善光寺様は社員旅行で訪問させていただいたことがございますが、恵林寺様も含め甲斐善光寺様も個人的に参拝する機会はなかったと考えますと、今回のツアーに参加したことは誠に有意義でございまして、趣味の御朱印帳も全ページを埋めることとなりました。将来の旅のお供がまた一つ増えたようです。



と、わたくしにとっては有意義な旅でございましたが、それ以外の立ち寄り先がお土産屋さんとハイハイ商法まがいのショップ巡りオンリーで少々うんざりいたしました。旅にもいろいろございますね。


お高そうなシーツをお買い上げの皆さまに福が訪れますように。