福よ来いのブログ

暗い世の中、
福よ来い来い♪
福よ来い♪

ボランティアでございます。

福の助でございます。


新潟の出張も終わり、

マイ・スイート・ホームへ帰る帰路、

駅前の信号待ちの皆さま中、

南国チックな女性が福の助ピンポイントで、

募金箱を持って接近してまいりました。


カードを差し出し、

そこに書かれたひらがなは、

「恵まれない世界のお子様に募金を…」

的なでございます。



遠藤ミチロウ 天国の扉


めちゃくちゃ怪しくもございますが、

大人の福の助は10円玉を

募金させていただきましたが、

女性はまさかそれだけ?

という眼差しで苦笑してございました。


聖夜のクリスマスに、

恐らくクリスチャンであろう女性に

福の助も憤りで苦笑でございます。

主はそんなことを望んでいるのでしょうか?

膝を突き合わせ小一時間ほど問い詰めたい気分でございます。



本日の新潟めし。

昼は現地の若手に連れられ、

彼いわく「新潟屈指」のおもだかやのチャーシューメンを。

前夜に食った三吉屋と繋がる、

チャイナじゃない蕎麦屋系の一杯。

我が師匠もこの地でこれを食ってたんだろうか?


帰り間際に再度バスセンターのカレーを食う。

冷静に食すと、

これも蕎麦屋のカレーだねw




渋谷にあるミニシアターのイメージフォーラム、

そのフェスティバルで今年佳作となる作品、

セミドキュメントな「草る日々」が微妙に気になる。

鬱蒼と茂る家屋周りの草木は、

実は自分の心の投影なのだろうか?

その後、この人どうなったんだろう…



草る日々


10円だけでも

世界の恵まれない誰かに福が訪れますように。

新潟出張パート2でございます。

福の助でございます。


今年もあとわずか、

クリスマスイブだというのに

また出張でございます。

新潟の町はカップルであふれており、

何となく微笑ましく感じます。

若いってうらやましいでございます。

昼は新潟の観光名物?

すし三昧「極み」をいただきました。

寿司屋のカウンター席に座るのも、

ノドグロのお寿司も初めてでございます。

板さんが一品一品説明していただいてますが、全部右から左でございます。

夜は新潟のもう一つの名物で

あっさりラーメンをいただきました。

本流の中国ラーメンと、

そば屋から派生した

ラーメンがございますが、

福の助は後者が好みで、

こちら様はそのようなお店でございます。


この後はホテルで部屋飲み

一人のクリスマスイブですね!


世の中の皆さまへ

メリークリスマスな福が訪れますように。

ライブでございます。

福の助でございます。


遠藤ミチロウ(exスターリン)様の

ライブを観に行くことにいたしました。

パンクバンドのザ・スターリン時代は、

客席に豚の臓物をぶちまけ話題となってましたが、

アコースティックをやり始めてからは、

「言葉」と言う己の臓物を、

観る者の心にぶちまけ続けておられます。



ミチロウ様の純粋なライブといたしましては、

実に2年ぶりとなります。

夏に映画のトークショーで見かけた時は

杖をついておりましたが、

やはり大病を患ってから以降、

足の具合は悪いようで

足を引きずるようにステージに上がります。



他人のカバーはあまり聞かない

ミチロウ様のライブでございますが、

今年他界されましたたエンケン様の

「夜汽車のブルース」や

高田渡様の「生活の柄」等を演られておりました。


ミチロウ様ならびにファンの皆様へ福が訪れますように。