福よ来いのブログ

暗い世の中、
福よ来い来い♪
福よ来い♪

ボランティアでございます。

福の助でございます。


新潟の出張も終わり、

マイ・スイート・ホームへ帰る帰路、

駅前の信号待ちの皆さま中、

南国チックな女性が福の助ピンポイントで、

募金箱を持って接近してまいりました。


カードを差し出し、

そこに書かれたひらがなは、

「恵まれない世界のお子様に募金を…」

的なでございます。



遠藤ミチロウ 天国の扉


めちゃくちゃ怪しくもございますが、

大人の福の助は10円玉を

募金させていただきましたが、

女性はまさかそれだけ?

という眼差しで苦笑してございました。


聖夜のクリスマスに、

恐らくクリスチャンであろう女性に

福の助も憤りで苦笑でございます。

主はそんなことを望んでいるのでしょうか?

膝を突き合わせ小一時間ほど問い詰めたい気分でございます。



本日の新潟めし。

昼は現地の若手に連れられ、

彼いわく「新潟屈指」のおもだかやのチャーシューメンを。

前夜に食った三吉屋と繋がる、

チャイナじゃない蕎麦屋系の一杯。

我が師匠もこの地でこれを食ってたんだろうか?


帰り間際に再度バスセンターのカレーを食う。

冷静に食すと、

これも蕎麦屋のカレーだねw




渋谷にあるミニシアターのイメージフォーラム、

そのフェスティバルで今年佳作となる作品、

セミドキュメントな「草る日々」が微妙に気になる。

鬱蒼と茂る家屋周りの草木は、

実は自分の心の投影なのだろうか?

その後、この人どうなったんだろう…



草る日々


10円だけでも

世界の恵まれない誰かに福が訪れますように。