福よ来いのブログ

暗い世の中、
福よ来い来い♪
福よ来い♪

映画「デトロイト」でございます。

福の助でございます。


細君殿が映画「グレーテスト・ショーマン」を2回も観てきて、「どう、わたし意識高いでしょう。」と自慢げな空気を醸し出しつつ話をするので、福の助も意識高いところを見せてあげようと(恐らく打ち切りっぽい)レイトショーのみの「デトロイト」を拝見してまいりました。



「ハート・ロッカー」や「ゼロ・ダーク・サーティー」のキャスリン・ビグロー監督なので、何となくハズレはないだろうと思っていましたが、期待を大幅に上回る良作で2時間越え、かつ普段は寝ている時間の鑑賞もあっという間の力作でございました。


成功すると夢をつかめる「アメリカン・ドリーム」の憧れの国、ってつい最近までアメリカのことを勘違いしておりましたが、未だ人種差別や銃による暴力(これは建国以来の理念で否定はできないのですが…)がまかり通る、極東島国でポカーンと口を開けているような福の助には、到底理解が困難な野蛮で複雑なお国でございます。


そんなアメリカ様の闇をつく本作品。

ドキュメンタリータッチで実話のフィクション、複雑で奥が深い映画でございました。


皆さまの平和について常に考えている福の助には、昼間見ていたアニメ「からかい上手の高木さん」の方が性に合っていたかもしれませんが。


抑圧されるたくさんのマイノリティな民族の皆様に福が訪れますように。



映画『デトロイト』日本版予告編