福よ来いのブログ

暗い世の中、
福よ来い来い♪
福よ来い♪

菜食主義者でございます。

福の助でございます。

少しこころを入れ替え、心身のけがれを追い払うため、休日は薬食いをやめることにいたしました。

「薬食い」とは滋養強壮や病気治癒のために獣の肉を食べることで、江戸時代には不浄とされていた肉食文化を隠ぺいする隠語のようなものでございます。

いのしし肉を山くじら、馬肉をさくらと呼ぶのはその名残でございます。



昨日は朝食にオートミール(麦)のみ、お昼はキノコ(菌類)のパスタ(麦)で、夜は冷奴(大豆)と焼酎(麦)の炭酸水割りだけでございます。


全世界のよろずの神々さま、

どうか天変地異でさまよえる日本の皆さまへ、少しだけでも福を…と願う次第でございます。

平成最後の夏でございます。

福の助でございます。


目の前にコバエが飛んでいるのに気をとられている間に、あまり好きではない夏が通り過ぎてしまったようでございます。



そんな中でも、平成最後の夏?を満喫している若人は、非常に微笑ましい存在でございます。


平成といえば「大喪の礼」

前日に日本酒をラッパ飲みしていた当時の若人にも、最後の夏が訪れたような気がして悲しゅうございます。


関空でご不便頂いてる皆さまにも福が訪れますように。

平成でも人生でも最後でございます。

福の助でございます。


マンションの大規模修繕ではございません。

福の助がお慕い申し上げております、

東京湾観音様が十数年ぶりのお色直しで

足場が組まれているのでございます。


平成最後の大修繕ということですが、

次に修繕をする時期になって

福の助自体が修繕要となっていないよう、

しっかりお祈りさせていただきました。

工事の安全も祈りつつ、

早くあの神々しい御姿を

拝見したいものでございます。


それから30年以上前に

敷地で飼っていた虎が脱走し

世間をお騒がせした名刹、

鹿野山神野寺さまも合わせて参拝いたします。

初めて訪問させていただきましたが、

見事なお寺さまで

身も心も清められた気分でございます。


そんな敷地内で

赤とんぼを見つけます。

季節も徐々に秋へと近づいているのですね。


本日様々な社寺仏閣を参拝された皆さまに

福が訪れますように。